厚生労働省委託 母性健康管理サイト

【職場と母性に関する情報サイト】妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

文字サイズの変更 印刷
介護施設で働くみなさまへ

妊産婦に配慮が必要な業務 トイレ介助

■姿勢・動作の特徴
・立位保持が困難な方などの場合は、2人で介助を行う場合が多い。
・車椅子から便座、便座から車椅子への移乗介助が必要な場合がある。
・ズボン等の上げ下げ、排泄物の確認や清拭の際にしゃがんだり、前屈みになったりする。
・排泄物や芳香剤の臭いがある。

妊婦の声 こんなことがつらかった

懸念される身体への影響・症状と望ましい対応例

基本動作・状態 懸念される状態 懸念される身体への影響・症状 配慮すべき時期 望ましい対応例
前屈み 腹部への圧迫

・子宮への血行不良

・子宮収縮に伴う切迫症状

・子宮の軽い圧迫

妊娠中期以降

・立位保持困難者は免除する

・介助があまり要らない人の担当とする

・2人組で負荷の少ない作業の担当とする

しゃがみこみ 腹部への圧迫

・子宮への血行不良

・子宮収縮に伴う切迫症状

妊娠中期以降

・立位保持困難者は免除する

・介助があまり要らない人の担当とする

・2人組で負荷の少ない作業の担当とする

足元の不安定さ

・転倒によるケガなど

立作業が長い、多い 無理な立位姿勢

・腰痛

・子宮収縮に伴う切迫症状

・体力の消耗

妊娠中期以降

・立位保持困難者は免除する

・早めに小休止をとれるようにする

・足台を補助する

臭い(排泄物、芳香剤など) 臭気過敏 つわりの誘発 妊娠初期(つわり) マスクの着用を許可する
介助場所の狭さ 無理な姿勢

・腰痛

・転倒などによるケガ

妊娠中期以降

・状況に応じて交代する

・無理な姿勢を取らない工夫を図る

腹部があたる 子宮の圧迫

実施可能な作業方法

できる限り、見守りや検品、業務日誌の入力など、身体への負担が軽い代替業務を行うようにすることが必要です。

代替業務の例 できることがこんなにあります。

■妊産婦の職員が行う場合は・・・
トイレまでの誘導などを担当させ、移乗介助や体を支えるといった直接介助は避けるようにしましょう。
体調や無理が生じていないかなど、こまめに声をかけて確認するようにしましょう。

介護施設での対応例 こんなふうに工夫しました!

切迫早産や妊娠浮腫、腰痛症などの症状が発生した場合は、身体への負担が軽い業務に転換したり、主治医等から指導に基づいた措置を講じたりしましょう。

妊娠経過の状況によっては、身体への負担を軽減することが望ましいですが、ここに示す対応例は母性を過剰に保護するものではなく、また、働く機会を必要以上に狭めるものではありません。

関連情報

専門家に相談する

介護施設での作業の制限や軽易業務への転職など、妊娠中・出産後の職場への対応について質問や悩みにお答えします。

この画面のトップへ

厚生労働省委託 母性健康管理サイト

(C) Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.