厚生労働省委託 母性健康管理サイト

【職場と母性に関する情報サイト】妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

文字サイズの変更 印刷
小売業で働くみなさまへ

身体的な負担が大きい作業

重量物の取り扱い

■具体的な業務
接客商品の陳列荷卸し品出し家具の組立て など

身体への影響

妊娠中に重量物の持上げ・移動を74.6%が経験し、重さとしては「6kg未満」(44.6%)が最も多く、「6〜10kg」(22.5%)を合わせると『10kg未満』が約7割を占めています。
つらかった症状は「お腹が張った、痛かった」(73件)、診断された病気は「切迫早産」「妊娠浮腫」(同14件)が最も多くあがっています。

図1:妊娠中に取り扱っていた品物の『重さ』(最大値)/図2:妊娠中の『重量物の持上げ・移動』のつらさの有無
図3:身体的につらかった内容(複数回答)
図4:診断された病気(複数回答)
妊婦の声 こんなことがつらかった
専門家のアドバイス

重量が増えるほど、「切迫流産」や「切迫早産」になる可能性も高くなります。また、それ以外にも、「妊婦浮腫(むくみ)」「妊婦貧血」「腰痛症」「膀胱炎」になりやすい傾向があります。

重量物は取扱わないようにしましょう。
重量物を取り扱わなければならない場合には、無理をせず、他の人に代わってもらいましょう。荷下しや重い物を持つ作業は、普段から体力のある男性中心にしておくのも良いでしょう。

この画面のトップへ

厚生労働省委託 母性健康管理サイト

(C) Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.