厚生労働省委託 母性健康管理サイト

【職場と母性に関する情報サイト】妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

文字サイズの変更 印刷
美容業で働くみなさまへ

用剤の取り扱いについて

■用剤の種類

パーマ剤カラーリング剤シャンプー剤 など

妊娠中の用剤の取り扱いの状況と身体への影響

妊娠中に用剤の取り扱いを変更したかどうか聞いたところ、87.4%の人が「変更はなかった」と答えています。
用剤を扱っていて困ったことがあったかについては、「困ったことはなかった」が70.1%という回答でした。
気分が悪くなった用剤を種類別でみると、「匂いで気分が悪くなった」のは「パーマ液」が78.6%と最も多く、次に「カラーリング剤」が67.9%となっています。

妊娠していた時の用剤の取り扱いの変更の有無/妊娠中の用剤の取り扱いで困ったことの有無
用剤別、取り扱いで気分が悪くなった用剤
用剤の取り扱いの変更の内容

・回数等の制限
・負担の少ない用剤への変更
・手袋等の使用
・免除してもらった・他のスタッフにかわってもらった

用剤の取り扱いにあたり気を付けたこと

・手袋を着用した
・マスクを着用した
・手袋とマスクを着用した
・特になし(通常通り)
・他のスタッフにかわってもらった
・他のスタッフにかわるよう言われた

妊婦の声 「こんなことがつらかった」
専門家のアドバイス

パーマ液、カラーリング剤などの用剤の取り扱いにおいて、「匂いで気分が悪くなった」と訴える方が多い傾向にあります。

これらの用剤を取り扱わなければならなく、体調がすぐれない場合には、無理をせず、他の人に人に代わってもらいましょう。

この画面のトップへ

厚生労働省委託 母性健康管理サイト

(C) Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.