働く女性の妊娠・出産Q&A

働く妊産婦をサポートする法律の内容

Qつわりがひどいので、つわりが治まるまで時差出勤をしたいのですが、どのぐらいの期間利用できますか?

A交通機関の混雑による苦痛は、つわりの悪化や流・早産等につながるおそれがあります。働く妊婦さんは、ラッシュアワーの混雑を避けて通勤することができるように、主治医等からの指導を受け、会社に申し出ることによって時差出勤や勤務時間の短縮、交通手段・通勤経路の変更といった通勤緩和の措置を受けることができます(男女雇用機会均等法第13条)。通勤緩和措置を利用できるの期間は医師の指導によりますので、主治医や会社の産業保健スタッフ等にご相談ください。

Q&A一覧へ戻る

トップページへ戻る
Ministry of Health.Labour and Welfare, All Rights Reserved.